ビッグコミックスピリッツ連載のバレエ漫画『ダンス・ダンス・ダンスール』(ジョージ朝倉)が面白い

ジョージ朝倉が挑む、男子バレエ物語!
主人公・村尾潤平は中学二年生。
幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。
バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤平だが、彼の前に、ある日転校生の美少女・五代都が現れる。

母親がバレエスタジオを経営する都に、バレエへの興味を見抜かれ、一緒にやろうよと誘われるが――!?

すべてを犠牲にしたものだけが、立つことを許される世界。
重力に逆らい、美しく高く跳ぶものたちよ、
抗いがたきその衝動に、身を捧げよ――

女性誌界のトップランナー・ジョージ朝倉が描く、
王道のドラマチック・バレエ・ロマン、開幕!!!!!

今回は最近面白いと思った漫画を紹介。
その名もビッグコミックスピリッツ連載中のバレエ漫画、『ダンス・ダンス・ダンスール』。バレーボールじゃなくて踊る方のバレエです。
作者は実写映画化もされた『溺れるナイフ』『ピース オブ ケイク』のジョージ朝倉。
元が少女漫画家なので絵柄とか恋愛とか少女漫画っぽい要素もありますが、男性が読んでも面白いはずなので絵柄で敬遠しないで是非読んで欲しい。

主人公の中学二年生、村尾潤平は幼い頃に見たとあるダンサーの踊りに魅了され、バレエに興味を持つ。
しかし、父親が急死したことで、「男らしくなってほしい」という父の生前の望みを果たすためにバレエをやめてしまう。
そんなある日気になるクラスメイトの女子に誘われ、再びバレエの道へ進むことに。

これが序盤のあらすじ。
ダンス漫画というとアニメ化もされた『ボールルームへようこそ』がありますが、ボールルームではパートナーとの連携がかなり重要な要素を占めていたのに対し、こちらは個人競技的な要素が強い印象。主人公も明るくてあまりウジウジ悩まないので、そういう意味では読んでいてストレスが少ない。

本作の魅力はまずバレエの描写。バレエは球技や格闘技なんかと違って点が入ったり相手を倒したりする訳ではないので凄さを伝えるのって結構難しいんじゃないかと思いますが、その点この作品は絵自体はそこまで上手い訳ではないけど、演出や周囲のリアクションを上手く使ってバレエの知識がない読者にもダンスの凄みが伝わります。
また、恋愛はじめ思春期の繊細な内面描写も見所の一つ。といっても主人公の前向きな性格もあってあまりそれが長引くことはなく、テンポよく話が進んでいきます。

キャラクターも魅力的。主人公だけじゃなくライバルや指導者、女の子もそれぞれキャラが立っていて、かつ行動原理やバックボーンもしっかり考えられている印象。

というわけで『ダンス・ダンス・ダンスール』の紹介&感想でした。
興味を持ったら読んでみてください。