ビッグコミックスピリッツ新連載『ハスリンボーイ』感想

非合法のツールを扱ってお金を稼ぐ大学生が主人公。

大金が必要だからちょっと危ない仕事をして稼ぐ、というのはいいんですがその理由が借りた奨学金を在学中に返済したいから、というのがちょっと引っ掛かりました。

確かに4年間で510万円といえば大金には違いない。
でも奨学金は金利も安いし、主人公が言ってるように返済期間は20年なので月の返済額は2万円強。
新卒の頃は少し重いけど、普通に働き続けてればそれほど大変な金額ではない。
主人公は30になっても半分残ってる、結婚は夢のまた夢、大手企業でも破綻する時代に完済できるかも怪しいと言ってますが、
短期間で返すのは大変だから学生の負担を軽くするために長期の返済で待ってくれるわけで、それが返済出来ずに結婚も出来ないというようじゃどっちにしても結婚は無理だし色々厳しいんじゃないですかね。
そんなこと言ったら住宅ローンなんかどうなるんだって話ですし。

マスコミが最近奨学金問題取り上げてるから取り入れたのかもしれないけど、マスコミに出るような人って結構特殊なケースが多いですからね。
大部分の奨学金利用者は多少負担になるというくらいでそこまで深刻じゃないでしょう。

一年で稼いで奨学金完済する、なんて無茶をするくらいならそもそも奨学金なんて借りない方がよっぽど余裕ある生活が出来たのでは。

おまけにその金を稼ぐ手段が非合法の裏仕事。
例えば飛ばし携帯の販売は「50万円以下の罰金」、主人公の場合生業として行っているので「2年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金」が科される可能性があります。
しかも主人公は就職が出来てないというわけでもなく、普通に内定貰ってるんですよね。
違法行為じゃない場合ですら何か問題を起こせば内定取り消しになることもありますし、この仕事がバレたら十中八九内定取り消し。
その上最悪の場合懲役か奨学金並みに重い罰金を科せられる可能性もある。
それだけリスクを冒してもそれほど儲かりはしないみたいですし、どう考えてもリスクとリターンが見合ってないですよね。
それを見ても奨学金返済というのは動機としてはちょっと弱すぎかなと。

あといつも倹約してるという割にガールズバーに通ってボトルキープしてたり、いまいち言動に一貫性がないように見えてしまうのもどうかなと。

作画や演出等は悪くなかっただけに、設定の所で引っ掛かるのが残念。
辛口評価になってしまいましたがまあまだ1話なので、そこら辺の違和感もこれから解消されるのかもしれません。
1話ではまだ見えなかった煽りの「ダークヒーロー」要素も含めて、面白くなっていくことを期待したいですね。